四葉の日記

カサンドラ症候群の四葉のブログです。

否定

元KARAのハラさんが亡くなった。

特にすごいファンだった訳ではなかったが、可愛いなぁ…と思っていた人。

死因は、現時点でははっきり発表されていないが「自分を愛せなくてごめんね」というメモが見つかり、自殺の可能性が高く、司法解剖はされない見通しとのニュースを見た。

過去、自殺未遂をしているハラさん。きっとどうしようもなく辛かったんだろう。

彼女がどんな辛い目に遭っていたのかは、きっと誰にも分からないだろう。人の受け止め方はそれぞれだし、ストレス耐性もそれぞれだ。でも、きっと辛かっだろうと推測することは、誰にでも出来た事だと思う。

なぜそんな彼女をあそこまで追い詰めたのか、それは、名前も顔も分からない不特定多数の心無い書き込みだっただと言われている。

人は、どうしてこうも、他人を無意識に攻撃するのかといつも思う。中には、日常では攻撃的ではない人も多いだろう。

溜まったフラストレーションを撒き散らす様に、ぶちまける様に。人を否定する事で、あやふやで不安定な自分の存在を、正しいものだと確かめている様に感じる。

人を追い詰める事で、追い詰められた自分を慰めているみたい。

誰かを否定しても、何も分からないのに、怪しい薬の様に、それを乱用する。

現実世界ではない、インターネット上であるからこそ、それが更に顕著になるのだろう。

世の中は年々、そんな殺伐とした雰囲気が強くなっている気がする。

疲れやストレスから、不安定な人間が増え、不安定な人間の中で過ごす事で、更に疲れやストレスを溜めていくループだ。

 

例えば、あなたの大切な人が、こんな風に攻撃されたらどう思いますか?そう尋ねてみたい。その辺りを、みんな想像しているのだろうか。否定される悲しさや寂しさや痛みを知らないはずがない。

言葉は時に暴力になる。

たった一言。それで命を奪うこともある。積み重ねで追い詰めてしまう場合もある。時間差で何年間も追い詰め続けてしまう場合もある。積み重ねの最後の一つになってしまう場合もある。

 

発達障がいの方は、鬱や不眠に悩まされる方が多い。

それは「みんなと違う」という理由で弾かれ、居心地の悪さを常に感じ、時にはイジメの対象にもなる。そして、フラストレーションの捌け口にされるという場合もあるだろう。発達障がいの二次障がいとして精神的な病を発症する。

「みんなと違う」それだけで、否定され続けるのだ。

マジョリティが正しい、マイノリティが間違い、そんな考え方がないか、もう一度考えるべきだと思う。

それぞれが違っていい。そこに正しいも間違いもない。

 

前述した、ハラさんの訃報を聞いて、この事を思わずにはいられなかった。

今回の件で、少し慰めになったのは、自殺を否定するような、それを咎めるような意見が表に出なかった事だ。少なからずそういった意見の人はいる。もちろん、大切な命を…と言いたくなる気持ちは分からないでもない。でも、それを選択するしかないほど、追い詰められ、辛い思いをした人に説教は、少し悲しいなと思う。人の気持ちを慮れる人が一人でも多くなる事を心から願っている。

 

彼女に伝えたいのは、

頑張ったね、辛かったね、ひとりぼっちで寂しかったね、耐え続けたよね、どうか、これからはそんな思いをせず、安らかに過ごして下さい。

 

詐欺にご注意を

ある日、

主人「そういえば、不在で荷物が届けられなかったみたいな通知が来てたけど、受け取った?」

私「知らない。ポストにも不在通知入って無かったよ」

主人「いや、メールで来てた」

私「え?普通メールで来る?ポストに入ってないのおかしくない?」

主人「でも来てたから」

携帯を取り出し、画面を見せてくれた。

私「ちょっと!それ!ワンクリック詐欺!」

主人「え?そうなの?」

私「クリックしてないよね!?」

主人「幸いガラケーなのでクリックしても繋がりません」

私「あ〜よかった…」

主人は、ガラケー(通話のみ、ネット接続不可)と、格安スマホ(通話不可)の二台持ちで、ワンクリック詐欺メールはガラケーに来ていた。

 

主人「僕、ワンクリック詐欺系すぐにクリックしちゃうから、昔はよく変な電話掛かって来てたんだよね…」

私「…」

 

エピソード1:

アダルトサイトを見た代金を支払えという電話が掛かって来た。しかし利用した記憶もなく、詐欺だと分かっていて、飄々と対応する主人に対し、電話相手(詐欺師)ブチギレ。

電話相手「いまから、あなたの所に行きますよ?」

若かりし主人「どうぞどうぞ、いま〇〇県の〇〇駅に居ます」

正確に現在地をご連絡。

 

エピソード2:

いつも通り飄々と対応する主人に対し、電話相手(詐欺師)激昂。

電話相手「おい!お前の家に火つけるぞ!」

若かりし主人「いや〜それは困りますね〜」

脅されても飄々と。火をつけられると困る旨をお伝え。

 

素直な主人は、ワンクリック詐欺には見事に引っかかるようだ。

飄々とした主人なので、被害がなく済んでいるが、そうではない人も沢山いる。

周りの人間が気をつけて、本人に注意喚起が必要だ。

その人によって、特性の出方は様々だが、そんな事注意しないても分かるに決まっているといえ決めつけは危険だ。

これは、定形外発達の人のみならず、定形発達の人でも、伝えなくては分からない事は沢山ある。決めつけは常に問題を引き起こす危険があるという事を、頭に置いておかねばならない。

同期のサクラ

いま放送中のドラマだ。

体調不良でリアルタイムでは見ておらず、時間がある時にまとめて最近見ている。

初回〜2回目位までは見ているとなんだかなぁ…と思っていた。ただ主人公の祖父の言葉が心に響いた為、続けて見ていた。

なぜ、なんだかなぁ…と思ったかと言うと、主人公が発達障がいの特性をたくさん持っているからだ。

毎日主人の対応に疲れているのだろう。見ていると疲れてしまったのだ。

しかし、3回目を過ぎると、このドラマには発達障がいの方に対してどう接するべきかのヒントがあると感じた。

例えば、主人公は人事部所属で、上司からストレスチェックの未実施者に実施を促すように指示される。

ストレスチェック?なぜ必要なのでしょうか?」と疑問を口にする。

それに対して上司は

「人知れず一人で悩んでいる社員の健康の為に、気持ちよく働けるようにだ」と説明すると、主人公は納得してすぐに仕事に取り掛かる。

納得をすれば、すぐに仕事に取り掛かる。

ただ、指示されたからやる!という事にはなれない。自分が納得しなければ、出来ない。

そんな主人公に対して、上司は説明をする。

発達障がいの方を雇用する企業の担当者には大きなヒントになる。

ドラマでは、サラッとした説明のみで主人公は納得してくれる為、具体的には参考にはならないかもしれないが、ヒントである事は間違いない。

「文句を言わずにやれ」

「面倒臭い」

「我慢しろ」

「指示に従えばいいんだ」

そんな風に片付けてしまえば、早いかもしれない。しかし、それを続けていたら、遅かれ早かれ、発達障がいの方はストレスを溜めに溜めて、メルトダウンを起こす。

メルトダウンとは、発達障がいの人のパニック症状のようなものだ。
強いストレスにさらされてに、対処しきれなくなることが原因で起こる事だ。

例えば、

攻撃的になる

ひどい言葉を言いつらねる

ネガティブになりひきこもる

暴力をふるう

過呼吸をおこす

泣き出す

ちなみに、うちの主人の場合は…

敵意をむき出しにして、別人のような口調と表情となり、意固地になる。また、ひとしきり攻撃をしたら、自分の殻にひきこもる。

 

メルトダウンを一度起こすと、うつ状態になり、回復までに時間がかかる事が多い。

 

発達障がいの方は、常に、定型発達の当たり前を突きつけられて、ストレスフルだ。

どんな人でも、自分を否定されて続けたり、自分らしさを出す事を禁じられ続けたら、精神が破綻してしまう。

 

同期のサクラにて、主人公は、

理解してくれる仲間

常に言葉で救ってくれる祖父

納得出来ない事を説明してくれる上司

恵まれた人間関係のお陰で、今のところメルトダウンを起こさずに済んでいる。

 

どこかに救いがあれば、発達障がいの方は、「生きづらさ」を少なく過ごせるのだ。

それは些細な事でも構わない。

サラッと説明するだけで納得出来る事もある。

発達障がいの方が身近にいる人にとって、このドラマは、ヒントがたくさんあると思う。

胸が張り裂けるとは

私の車の中で、流れていた曲の歌詞の中に「張り裂けそうだよ胸が」という部分があった。

それを聞いていた主人が「胸が張り裂けるて…(失笑)」と反応した。

そういう所…そこが発達障がいですよね〜と言いたかった。

胸が張り裂けそうな体験をした事がないようで、こっちが胸が張り裂ける思いですわ。

それとも、障がい有無関係なく、男性だからか。

それとも、楽観的だからか。

それとも、運が良かったのか。

それとも、私が不運すぎたのか???

分からない(笑)

 

とある番組で雑誌dancyuの斬新な表紙を紹介していた。おにぎり特集では、表紙一面が海苔というものにしたそうだ。

編集者「どんなおにぎりなのかを想像させたい。どんな具なのか、どんなおにぎりなのかは見る人に自由に想像してもらい、雑誌の中身に興味を持ってもらいたくてこうしました。」

私(あ〜、想像するする!!私は鮭!!)

主人「は?いやいや、海苔は海苔でしょ。想像するのはこの海苔はどこ産だろう?くらいでしょ」

そういう所…そこが発達障がいですよね〜と言いたかった。

我慢した。というか、どこ産って!斬新!

 

社会の中で、そこが発達障がいだ!と切り捨てるのは簡単だが、そういう着目点があるからこそ、発達障がい者は天才や発明家が多いのだ。

海苔→中身は何だろう…と想像を膨らませる定型発達の人が大多数の中、

海苔→海苔→海苔…と注目を続ける定形外発達の人、そこから大発見が生まれたりするのだ。

自由な発想が無ければ、いまこの世に溢れる芸術作品、当たり前に使っている道具、方程式、常識は存在しない。

海苔→中身は…なんて意識を別の事に持って行ってしまうような定型発達のみの世界だったら、地球が丸いなんて誰も思いつきやしない。

 

胸が張り裂ける思いを知らないかもしれないが、思いがけない発見を続けていくのが定形外発達だ。

 

しかし、発達障がい(定型外発達)だから、胸が張り裂ける思いが分からない訳ではない。

以前も書いたと思うが、私は過去、カサンドラ症候群自助グループで、発達障がい当事者の男性から話を聞く機会があった。

その方は離婚を経験して「初めて胸が張り裂けるという経験をしました」と語った。それまではそんな感情があるなんて知らずに生きてきた。大切に思っている人を失う事がこんなに辛いのか…と知ったようだ。

さらに彼は「今では、となりのトトロを見て泣けるようになりました(笑)」と語った。

私にはこれが衝撃的だった。

私は、障がいだから…出来なくて当たり前…と決めつけていた事に気付かされた。

「他に共感する」これが出来るのは既に発達障がいの定義から外れるように感じる。

もちろん障がいの特性にはムラや強弱はある。それでも、この「他に共感する」は難しく、ここから派生する特性が沢山ある。そのメインとも言える特性が、経験によって定型発達と変わらない状態になったのだ。

 

障がいだから出来ない。

障がいだから仕方ない。

それは違うのだ。

胸が張り裂ける思いを知る日は来るし、他に共感する日も来る。

疲れを実感するには

発達障がいの方の中には感覚統合が上手くできず、自らの体調や疲れに気づかない人がいる。

主人はそのタイプだ。

疲れきって、ヘロヘロになって目も虚ろなのに「疲れてない」と言い張る。

これが結構厄介。

休日の朝にそんな様子で、

「今日どうする?」と聞いて来るのだ。

「疲れてるんじゃないの?」なんて言えば、疲れで不機嫌マックスの為にキレられる。

我慢して出掛ければ、どこかのタイミングで疲れによる不機嫌マックスになりキレられる。

どっちに転んでもキレられる。

だから、何かしら理由をつけて断らなければならない。…なんで私が…と心の底から思う。

その理由も慎重に選ばなければ、キレられるのだ。

 

うん。自分で書いていて、なんでそんな人間と結婚生活続けてるんだよ…と思う。

 

この話は、何度も自助グループで話していて、

「本人が、疲れているという実感を持たなければ、いくら周りが言っても無駄。例えば、温かいお茶を淹れて出したり、コーヒーを淹れてあげたりしてみるのが良い」

と言われた。

うーん…現実的じゃないと思ったが、それが効く人もいるのだろう。

不機嫌マックスの所に、そんなことしたら、「一体なんなの?要らないんですけど?飲めって事ですか?」とキレられるように思う。いや、たぶん、確実に。

 

先日も、困っていると話題にしたら、

自助グループの講師の方から

「意外と、男性は弱い所を見せたくないという本能から、強がってしまう。発達障がいに加えて、それが強く働くのかもしれない。それが結構落とし穴で、周りが全く気づかない場合がある」と言われて、少し納得した。

 

つまり障がい特性に加えて、男性の本能で、疲れを認めさせるのは無理って事だ!!

うちの主人についてだけだが。

 

でも何か、考えなければとも思う。

この知らず知らずのうちの疲れが、突然仕事を辞める最大の要因な気がするからだ。

その都度、処理をしていれば、爆発はしないはず。

これからの課題の1つだ。

 

眠れないのは魔王のせい

今回は全く主人は登場しない為、ご了承ください。

私、風邪をひいたらしい。

数週間前から体力がひどく落ち、寝込んでいたのだが、そこに加えて風邪を引いたようだ。

風邪に全く気付かず、体力低下と疲労による発熱だと思っていた(←過去に同じ事があった為)。病院に行ったら、風邪ですね、と言われた。

そこで漢方の風邪薬をいただいたのだが、麻黄という漢方だ。私は常に、自分に出された薬は全て調べるようにしている。というのも、身体が弱いからか薬の副作用が出やすく、どんな症状が出るかを事前に確認しておくようにしている。

今回の麻黄には、覚醒作用のあるエフェドリンが含まれ、交感神経が優位になり不眠という副作用があると書いてあった。知らずに麻黄の入った風邪薬を飲んだアスリートが、ドーピング検査で引っかかってしまったという例もあるらしい。

実は病院へ行く前夜、あまりの体のだるさと、自分の発熱による暑さでぐっすり眠れず、寝不足なはずである。だが、眠れない。眠いという感覚はあるものの、なんだか眠れない。

夜中に副作用を思い出し、それなら仕方ないかなぁ…と思った。

早く治したい。月曜には仕事に復帰せねば…。

理由が分かっていると、安心するというか、諦めが付きやすい。

ヨガ

私がヨガを始めたのは2013年1月。

ヨガスタジオの会員証に入会日が書いてある。

この頃、恋人(いまの主人)が、生死不明になった。大袈裟だけど、12月に突然精神的に爆発し、連絡が取れなくなり、生きているかどうかも、分からなかった。

とあるアスペルガーの本には「メルトダウン」と書いてあった。溜まりに溜まったストレスが心の崩壊を引き起こす。

その頃はもちろん、アスペルガーなんて知らなかったし、何が起こっているのか訳がわからず、私も崩壊寸前だった。でも、人間は意外としぶとく、強い。守るべきものがあると強いと言うべきか?分からない。

師走の仕事終わりに、泣きながら車を走らせ、彼の家の周りをグルグル回ったりしていた。

このままでは私は本当に壊れる。

そう思った時に、私がしっかりしないと…と思った。私まで壊れたら、全てが終わる。

そこで、何ヶ月も前に友達に誘われて行ったヨガスタジオを思い出し、入会した。

仕事が休みの土日通った。スタジオから帰ってからも自宅でヨガをし続けた。休日はヨガ漬け。そうしていないと心を保っていられなかった。無心でヨガに没頭し、心を落ち着かせる。

そうすると自然に気持ちが明るくなった。ヨガインストラクターは、明るい人ばかりで、その人達の影響もあった。小さい事をいちいち考えずに笑えば良い。そう思えた。

ある日、彼の無事を確認する方法を思いついた。SNSだ。検索をして、最終ログインが何時間前かを見ることが出来た。私は、それでやっと、彼が生きていて、ネットも見ている事に心から安堵した。生きている。良かった。

それから、心を病んだ人には、メールを毎日一通送ってあげましょうという一文をどこかで読み、実行した。返事のいらない、短い文章。

私はあなたをいつまでも待っています。大丈夫です。それが相手に伝わるように、でも負担にならないように、短い日記のように送った。

毎日ヨガをして、少し前向きになれた私は、ヨガだけではなく、寺や神社に一人で行くようになった。一人で行って、そこに座り、かなり長い時間過ごし、静かに心を整える。

メルトダウンから9ヶ月ほどして、私が以前、彼と行った、彼の家族がお正月に必ずお参りすると言う寺にいる時、彼から連絡があった。

いまから会える?

やっと彼に会った。別れ話をされるのかもしれない。でも、その時は心が穏やかだったからか、冷静に全てを受け入れられる気がした。

実際は何ヶ月の空白は無かったように、ただ、お喋りをしただけ。1時間もしない内に帰った。

ヨガでかなりのピンチを乗り切った。

そして、風邪を引きにくくなった。

まぁまぁ筋肉ムキムキになった。(笑)

 

最近ではヨガにしばらく行かないと、日々のストレスで自律神経系が乱れるらしく、体調を崩す事に気付いた。

体調を崩すと、なかなか全回復が難しくて、ヨガに行けず、自律神経系は乱れ、さらに別の不調が…と無限ループにはまる。

最近また、ひどく体調を崩していて、よく考えたら、いつも土曜日に行くヨガを、歯医者が〜とか、主人と出かける約束が〜とか、友達と約束が〜とか、色々でサボってた。。。

という事で、寝込んいるのだが、今日それに気づき、ゆるーいヨガを自宅でした。身体に負担が無いように30分ほどのヨガを今日だけで2回。そしたら、ちょっと?かなり?楽になった。

もちろん、風邪とか感染症だったらやったらダメだろうけど、私の場合、体力低下と自律神経の乱れによる不調だと分かっていたから出来た事だ。

わたしにとっては、ヨガ、結構大事だ。